六道

六欲天と人間の住む欲界は、さらに6道に分けられています。生前の行いにより、これの何処に輪廻するが決められます。大乗仏教では、死後の世界だけでなく、現世の人間の心の有り様をも表しています。

 

天上道 

六欲天が住む、苦しみがほとんど無く、楽しみの多い世界。ただし、天人にも5衰があり、煩悩から解放されてはいない。人間は、ここには輪廻しない。?

 

人間道  

人間が住む、苦しみが多いが、楽しみも有る世界。ただし、仏になることで、救われることもできる。

 

修羅道 

修羅が住む、苦しみばかりで、楽しみの無い世界。ただし、救われたいと思う心は有る。

 

畜生道 

獣や虫が住む、本能ばかりで生きている世界。よって、自力では仏の教えを得る事ができない。

 

餓鬼道 

餓鬼が住む、飲むことも食べることも出来ない世界。

 

地獄道  

罪を償わせるための世界。