有頂天

仏教では、人間界の上に、天界といって天人の住む世界があり、
その天界の一番高いところを、有頂天と言います。
『*有とは、迷いの世界のことで、そこの最高の天であること。』
このようなことから、現在では、得意の絶頂や、
喜びで夢中になること、思い上がることの意味に使われます