三島 由紀夫

戒名バナー①

三島 由紀夫

戒名

彰武院文鑑公威居士

しょうぶいんぶんかんこういこじ

三島 由紀夫

職業

日本の小説家、作家

死没

1970年11月25日 45歳

墓所

東京都府中市・多磨霊園

概要

戦後の日本文学界を代表する作家の一人である。代表作は小説に『仮面の告白』、『潮騒』、『金閣寺』、『鏡子の家』、『憂国』、『豊饒の海』四部作など、戯曲に『鹿鳴館』、『近代能楽集』、『サド侯爵夫人』などがある。人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴

幼少期は両親から引き離され、祖母の夏子の影響下に置かれ育てられたようである。
学習院中等科在学中のころから詩歌や散文を書き、1938年(昭和13年)「輔仁会雑誌」に、最初の短篇小説『酸模〔すかんぽ〕秋彦の幼き思ひ出』『座禅物語』が掲載された。
また、1941年、「輔仁会雑誌」編集長に選ばれ、処女短篇集『花ざかりの森』を手がけた。
戦後、川端康成の推薦で『煙草』『岬にての物語』などを発表し文壇の足がかりとなる。
1947年に東京大学法学部卒業後、大蔵省銀行局国民貯蓄課に勤め、並行して初の長編『盗賊』を発表するなど、役所勤めと小説家の二重生活を行っていたが無理が祟り、渋谷駅のホームから転落し危うく電車に轢かれそうになったのを機に、役所を9ヶ月で退職し作家として独立。の頃より、筆名を三島由紀夫として、1944年、『花ざかりの森』は出版された。

三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、日本の作家、三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹自殺をした事件である。三島と同じ団体「楯の会」のメンバー4名(森田必勝、小賀正義、小川正洋、古賀浩靖)とも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たてのかいじけん)とも呼ばれる。

この事件は日本社会に大きな衝撃をもたらしただけではなく、海外でも、国際的な名声を持つ作家の起こした異常な行動に一様に驚きを示した

free-tel