和みの火葬式・僧侶手配

火葬式の読経

ページ 3

火葬・直葬のみのご葬儀では、炉前の読経が行われ大切となってきます。このプランでは、僧侶さまが炉前にて読経されます。戒名の授与(信士・信女(しんし、しんにょ))も含まれております。

これだけの内容が含まれています

通夜
告別式
初七日
炉前
戒名授与

炉前読経

お預かり安置③

火葬式では、炉前での僧侶さまの読経が通常のご葬儀の代わりとなります。読経は火葬直前に行われます。

火葬の前に火葬場の前室(前室のない火葬場もあります)に棺を一旦安置し、僧侶さまが読経されます。読経時間は5分~10分程度です

火葬式のご相談からお支払までの流れ

①ご相談・ご依頼

pixta_10331467_S - コピー

僧侶派遣をご依頼したい方は、和みの僧侶派遣までご連絡ください。(フリーダイヤル0120-924-866)担当の者よりお客様名(喪主名)、お客様ご住所、お客様電話番号、宗派、 日時、訪問先、訪問先ご住所、訪問先電話番号、故人名、命日、生年月日、 戒名の有無や日時などサービス提供に必要な情報をお伺いいたします お申し込みが完了しましたら、キャンセルはいたしかねますのでご注意ください。

②僧侶手配のご連絡

僧侶

ご依頼が完了しましたら、お坊さんからお客様に内容確認電話をさせていただきます。 戒名授与がある場合は、故人の趣味やお人柄等、必要な情報も合わせて お伺いいたしますので、その際入れて欲しい字(故人の一字など)ございましたらお申し付けください。※プラン変更等のご希望のお客様は、和みの僧侶派遣にお申し付けください。

③火葬場での読経

お預かり安置③

火葬場に僧侶が行きます。炉前で僧侶に5分~10分程度の読経をあげてもらいます。

④お支払い

お布施

火葬場での僧侶のお勤めが終わりましたら、白無地の封筒を僧侶に直接お渡しください。

free-tel

直葬・火葬式について

直葬(ちょくそう)・火葬式とは、病院などのご逝去先から、荼毘を行う火葬場へ直接搬送し、通夜や葬儀告別式を行わず、ご火葬のみを行う形式を差します。 法律上、ご逝去時刻(死亡診断書に記載)から24時間経過しなければ、荼毘(火葬)を 行う事は出来ませんので、実際のご火葬は、翌日以降、役所手続き(死亡届の提出)や、火葬場の空き状況、ご家族のご都合によって日時が決定します。そのため「和みのお葬式」などの葬儀社では遺体をマンションなど自宅に安置できない場合は最長3日分の遺体安置費用の料金を含むプランがあります。都市部を中心に多くみられ葬儀全体の5件に1件を占めており寺院との結びつきや親戚付き合いが薄れており、近しい家族だけで静かに故人を送りたい人が増えています。

直葬・家葬式の僧侶派遣

近年「直葬(炉前葬)」など安価な葬儀の需要が高まっている風潮がありますが、寺院、僧侶様も現代のニーズに適応できるようにお坊さんが親切、まごごろ込めて炉前での読経を行っております。戒名(信士、信女)も含んで55,000円と低額の見えるお布施にとなっております。

直送・火葬式の葬儀費用

葬儀費用が和みの葬式では178,000円の安価の料金で行うことができ、費用、時間が軽減できることが利点です。

僧侶派遣 対応地域

北海道、青森県、秋田県、福島県、宮城県、山形県、岩手県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、山梨県、長野県、福井県、石川県、富山県、新潟県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、山口県、広島県、岡山県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、大分県、宮崎県、熊本県、鹿児島県

free-tel