法事・法要の寺院手配

page_003_002

ご寺院の檀家に入られていない方などにご希望の宗派のお坊さん、僧侶様をご手配・派遣いたします。

49日目、1年目(一周忌)、2年目(三回忌)、6年目(七回忌)、12年目(十三回忌)などの法事・法要のご相談も承っておりますのでご相談ください。

菩提寺がすでにある方(檀家になられている方)は事後トラブルになる場合がありますので、必ず菩提寺の許可を頂いた後に当社をご利用ください。菩提寺にお墓がある場合は、後になって納骨の許可が頂けない場合がございます。

よく依頼される法事・法要

◎四十九日法要についての読経

pixta_6909691_S

逝去日からちょうど四十九日目におこなう法要です。四十九日までの忌中、故人の冥福を祈って喪に服していた遺族も、喪に服す期間を終え、普通の生活に戻ります。四十九日法要は、他に、この日が忌明けになることから、忌明けの法要、七七法要、満中陰法要、とも呼ばれています。

◎初盆・新盆についての読経

pixta_10760111_S

お盆の行事を行う時期は8月13日から4日間が一般的ですが、地方によっても違いがあり、7月13日から4日間行う場合などあります。初盆・新盆とは、四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆の事です。この日に先祖の霊が帰ってくると考えられています。お盆には、僧侶の読経で初盆(新盆)の法要を行ったり、故人やご先祖さまのお墓参りをしたりします。

◎一周忌法要についての読経

pixta_5769299_S

故人が亡くなってから一年後の命日が一周忌です。その後の法要は年忌法要となり、四十九日までに行う法要を「追善法要」と言います。一周忌では故人と縁の深かった友人や知人を招いて法要を営み、命日が平日にあたる場合はお招きする方々のご都合に配慮して、命日より前の土日祝日などに前倒しで法要を行うのが一般的です。

○仏壇でのお勤め

位牌

位牌開眼(いはいかいげん)
※本位牌を購入された場合
お葬式で使用した白木位牌に込められた魂を本位牌に移す儀式を行います。魂を抜いた仮位牌はお引き取りし、後日お焚き上げをします

仏壇・開眼

仏壇開眼(ぶつだんかいげん)
※仏壇を購入された場合
新しく購入した仏壇に魂を入れる為の法要です。 仏前で僧侶に5分~10分程度のお経をあげていただき全員で焼香します。

○墓前でのお勤め

img_01[1]

墓石開眼(ぼせきかいげん)
※お墓を購入された場合
お墓を購入された場合い新しく建てたお墓に魂を入れる為の法要です。墓前で僧侶に5分~10分程度のお経をあげてもらいます

骨壷、骨箱

納骨供養(のうこつくよう)
※お墓に納骨される場合
納骨後か納骨前に僧侶にお経をあげていただきます。納骨時には拝石や納骨棺を動かすので、事前に墓地管理者や石材店に連絡する必要があります。

free-tel

僧侶派遣対応地域

北海道、青森県、秋田県、福島県、宮城県、山形県、岩手県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、山梨県、長野県、福井県、石川県、富山県、新潟県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、山口県、広島県、岡山県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、大分県、宮崎県、熊本県、鹿児島県