「檀家にならなくてもいい」東京都 大田区

2016年2月14日

満足度89%

和みの僧侶 お客様の声①

「一周忌法要お願いしました」

「和みの僧侶派遣・手配利用」

【真言宗 様】

2016年1月 一周忌法要に派遣

【お客様の声】

これまで無宗教で通してきて、家に仏壇などもなくお寺とは関係のない生活を過ごしてきました。ところが突然、家族が亡くなりお葬式を出すことになりました。その際に、近所のお寺に葬儀の読経と戒名などをお願いしましたがその時に檀家になりました。 これから一周忌や三回忌なども読経をお願いしなければならないこともあり、お寺の要請もあって渋々檀家になったのです。葬儀の費用はかなりかかりましたが、その中でも僧侶に支払う金額はかなり高額で戒名料も驚くほど高い費用を請求されました。 葬儀社の人の話によると金額が低くては良い戒名をつけてもらうことができないのだそうです。

その後、檀家になったせいで度々寄付の催促が来ることです。お寺の修理費用や催しに対しての寄付でその金額もかなりの高額です。親戚に相談したところ檀家になったからには支払わなければならないという話です。 家計の苦しい中、泣く泣く寄付しましたが納得できない気持ちが強く残ってしまいました。その時に東京都の知人が、和みの僧侶派遣会社利用で僧侶派遣をしてもらっているという話を聞きました。

これは、必要な時に僧侶派遣をしてもらえ檀家になる必要がありません。料金も従来のお寺に依頼するより費用が抑えられ、心付けなどの無駄な出費もないのです。 和みの僧侶派遣会社利用で僧侶派遣をしてもらえるのは、東京都だけに限らず全国対応できるとのことです。今は、お寺の檀家を断りこのサービスで一周忌法要を利用すしました。

葬儀バナー②

free-tel[1]