神奈川県川崎市中原区K様「僧侶派遣は気兼ねなく希望する法要を依頼できる」

2015年12月20日

満足度89%

お客さ様の声③

「家族葬をお願いしました」

「和みの僧侶派遣・手配利用」

「神奈川県 かわさき市営北部斎場」

【曹洞宗 様】

2015年10月 葬儀・葬式に派遣

【お客様の声】

祖母が寝たきりになってきたころから、どのように祖母の最期を迎えるのかよいか話し合ってきました。

以前は関西に住んでいましたが、仕事の関係で神奈川県に来て、今ではこちらに住んでいる年月のほうが長くなったので、関西のお墓は墓じまいすることにしました。
そして、関西からは誰も呼ばずに神奈川県内で家族だけで弔うことに決めていたのです。
家族葬のことがテレビでも紹介されていたからか、親戚に自分たちだけで葬儀をする旨を伝えたときも異論はおこりませんでした。
もともとお寺の檀家になるつもりはなかったので、葬儀では僧侶派遣というシステムを利用しました。檀家になると、初七日、四十九日、百箇日と法要をせまられるような気がして、しかも法要をしなければ信心深くないとか、故人を敬う気持ちがないとか思われないかと気がかりだから嫌なのです。
僧侶派遣では、お願いした法要のみをしてくださるので気がひけることもありません。
実際、私たちは葬儀一式といって、通夜、告別式、火葬場、初七日までを依頼しましたが、こちらから話をしない限り他の法要について勧められる事はありませんでした。
料金もネット上に明確に表示されていたので、安心してお願いすることができましたし、読経のあと説法もしていただいたので、気持ちよく代金をお支払いしました。
僧侶派遣では事前に日時や場所、料金のことについて確認の電話をいただけるので、どのように僧侶にお渡ししたらよいかなど、その時にわからないことを教えてもらいました。おかげさまで不安や気苦労もなく、祖母を見送ることができてよかったです。

葬儀バナー②

free-tel[1]