戒名の字数は多いほどよい?

先述の通り、戒名は元々2文字でした。時代の流れと共に修飾語が付帯され、現代においては六字戒名や九字戒名が通例になっています。さらに、文字数が多いほど社会的地位や財力が上であることを示すような流れまで出てきて、僧侶側の「お布施は高い方が良い」という背景も重なり、語感や外観、意味に価値を持たせて高額の戒名料を取る現実があるのは事実です。

もちろん、これは仏教における戒名の意味からすれば、あってはならないことですし、仏教の教えに反することとも言えます。戒名の字数が多いほど尊いというのは全くの嘘です。文字によって金額が変わるというのも誤り、文字数には何の意味もないことであると理解しておきましょう。

関連記事

  1. 戒名がないとどうなるの?
  2. 位号にも位はありますか?
  3. 戒名の相場は?
  4. 戒名の構成・付け方は? 【位号】
  5. 戒名の構成・付け方は?
  6. 勝手に自分で戒名をつけていいのか?
  7. 戒名は誰がつけますか?
  8. 本位牌を「和みの僧侶」でも注文できますか?
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP