弔辞を頼まれたら

弔辞を頼まれたら、断らないで引き受けるのが礼儀です。

弔辞は、喪家に保管されますので、丁寧に書くべきですが心が伝わるように、自分の言葉、文章で書くのが良いでしょう。

【弔辞分作成のポイント】

① 亡くなられた事への悲しみを述べる。

② 故人の業績を称え、人柄を振り返る。

③ 遺族を励まし、今後の自身の協力の意向を述べる。

④ 故人の冥福を祈り結びとする。

※忌み言葉「また・再びなど」は、使わないように気をつけましょう。厚手の巻紙に書くのが本来ですが、最近では「経本」のように蛇腹折りにすることも多いようです。奉書でつつみ、表に「弔辞」と書きます。

関連記事

  1. 焼香のマナー 【お焼香の意味】
  2. 自分の家と宗派の違う葬儀に参列する場合は、どちらに合わせれば良い…
  3. お斎(おとき)会食
  4. 合掌のマナー
  5. 数珠について 【数珠の起源】
  6. お中元、お歳暮はどうしたらいいの?
  7. お通夜のマナー
  8. 数珠について 【数珠の持ち方】
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP