入院生活が長く写真がありません

  • 最近のお写真でなくても、お元気だったころのお写真でも構いません。一番ご本人らしいお写真を遺影に使われるのが良いと思います。
    また、施設等にいらっしゃった場合、お誕生日会の写真を残しておられるところもございます。ご確認されてみてはいかがでしょうか?
    近年では、遺影写真をおつくりになられない方もいらっしゃいます。遺影写真がないとお葬式ができないということはございません。

    個人的な意見になりますが、遺影写真は、お葬式に必要なだけでなくご自宅に飾ることで、子供や孫も故人の面影を見て育ちます。どんな人だったの?これは誰?という何気ない会話の中で家族の絆や父・母を敬う大切さを子や孫に教えていくことができる1つになると思います。

関連記事

  1. 永代供養と合同墓地は違うのですか?
  2. 全国どこにでも来ていただけますか?
  3. 本位牌を「和みの僧侶」でも注文できますか?
  4. 自分の宗派がわかりません。それでも僧侶さまを派遣してもらえますか…
  5. 寝台車の手配はどうすればいいですか?
  6. 喪中ハガキは故人が今まで出していた会社の仲間や友達にも出すべきで…
  7. 万一の際は、まず何をすればよいのですか?
  8. 今、近所のお寺に檀家として所属しているが抜ける事は可能なのですか…
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP