浄土真宗では本位牌ではなく、過去帳なのですか?

浄土真宗では位牌にいれる魂がこの世にはなく、亡くなればすぐに仏になると考えられているため、位牌のように魂を宿らせるものではなく、故人の名前を記し残していくという目的で「法名軸」や「過去帳」に法名を書いて供養を行う考え方をとっています。

ですので、浄土真宗では本位牌を購入せずに、過去帳を購入し僧侶(お坊さん)様に書いて頂いたりします。

必ずしも、僧侶(お坊さんに)様に書いて頂かなくても構いません。

関連記事

  1. 会食は故人の分の御膳も用意するって本当?
  2. 法要を家族だけでやるのは、親戚に失礼ですか?
  3. 命日に都合が悪い場合は変更してもいいですか?
  4. 法要の場所はどこでやるの?
  5. お布施の金額が心配です
  6. 永代供養と合同墓地は違うのですか?
  7. 昔の古くなった位牌も処分(お炊き上げ)して頂けますか?
  8. 本位牌を「和みの僧侶」でも注文できますか?
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP