浄土真宗では本位牌ではなく、過去帳なのですか?

浄土真宗では位牌にいれる魂がこの世にはなく、亡くなればすぐに仏になると考えられているため、位牌のように魂を宿らせるものではなく、故人の名前を記し残していくという目的で「法名軸」や「過去帳」に法名を書いて供養を行う考え方をとっています。

ですので、浄土真宗では本位牌を購入せずに、過去帳を購入し僧侶(お坊さん)様に書いて頂いたりします。

必ずしも、僧侶(お坊さんに)様に書いて頂かなくても構いません。

関連記事

  1. ○月○日に四十九日法要をするのですが・・・
  2. 旦那の実家で今月末に法事の様な事があります。旦那は次男で20年位…
  3. 開眼供養って、何ですか?
  4. 命日に都合が悪い場合は変更してもいいですか?
  5. 入院生活が長く写真がありません
  6. お塔婆をお願いできますか?
  7. お位牌に魂を入れるのは知っていますが、その他に魂を入れなければな…
  8. 法要の場所はどこでやるの?
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP