友人が事故で亡くなってしまいました。ご遺族は憔悴しきって、参列者を対応する余裕もなく、ごくごく身内で葬儀を行うそうです。このような場合、供花や香典は用意せず、49日過ぎたあたりで弔問に伺うのが妥当でしょうか。また、「家族葬」「密葬」というのはどのような違いがあるのでしょうか。

身内だけでのお式をされるというのであれば
ご供花やご弔電をお送りされる程度は宜しいのではないでしょうか?
もしくは、お手伝いをする葬儀社に相談してみるのもお一つではないでしょうか。

「家族葬」「密葬」の違いは、
一般的に「家族葬」は家族・親族・近しい方のみで行う事を指す事が多いです。
「密葬」は家族・親族・のみでお式を行い(友人や近所の方に知らせない事が多く、後日知らせる)、その後に本葬やお別れ会を行う予定。

弔問に伺うタイミングは四十九日を待たずとも良いかもしれませんが、
いきなり弔問するのではなく、お手紙などで様子を伺う事をお勧めいたします。

関連記事

  1. 自分の宗派がわかりません。それでも僧侶さまを派遣してもらえますか…
  2. お葬式の僧侶手配をした場合は、檀家にならないといけないですか?
  3. 喪中ハガキは故人が今まで出していた会社の仲間や友達にも出すべきで…
  4. 忌中と喪中の違いは何ですか?
  5. 亡くなった日が仏滅なのですが問題ありますか?
  6. 葬儀の支払いはいつ行えばよろしいですか?
  7. 死産のため亡くなった子供のために葬儀を執り行いたいと考えているの…
  8. 弔辞って何ですか?
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP