法事って、全部やらなければいけないの?

基本的には、全ての法要を行うのが正しいという事になります。

特に三十三回忌のご法事までは亡くなられた故人様は極楽には参りますが修業期間(※宗派により様々な考え方があります)となります。葬儀は出家に儀式でもあり、あの世(極楽浄土)での名、僧名にあたる戒名をお授けします。これにより仏弟子となり生前に出会った家族をはじめ、友人、知人をお守りする事が出来る仏となる為に修行されています。残された家族の為に個人様は修行をされている訳ですから、ご遺族の務めとしてご供養をしてあげるのが当然かと考えます。

関連記事

  1. 友人の一周忌が近いです、法要に伺ってもいいですか?
  2. 戒名(法名・法号)だけ欲しいのですが・・・
  3. 法要に招かれた。お供えの表書き・水引・金額は?
  4. 本位牌を「和みの僧侶」でも注文できますか?
  5. 他社とどこが違いますか?
  6. 僧侶さまに、御車代や御膳代をお渡ししなくてはいけませんか?
  7. 命日に都合が悪い場合は変更してもいいですか?
  8. 先祖供養も同時にお願いしたいのですが・・・
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP