新しいお墓、埋葬、供養のスタイル

お葬式の形式が多様化している近年、同様にお墓の形態も変化しています。

 

【樹木葬】

墓石の代わりに、樹木を墓の目印としたものです。霊園やお寺の一角をそのようなしようにして樹木墓地としている所が多いです。また樹木葬にも合同で埋葬される形と個人で埋葬される形があり価格も変わってきます。

【散骨】

粉末化した遺骨を、海などに埋葬方法です。多くの方は海洋散骨を選ばれ、そのような専門業者があります。海洋散骨にも自分の手で散骨する形と遺骨を業者に郵送して代行してもられる形があります。

【永代供養墓】

寺院や霊園墓地などが永代、一定の期間 遺骨を供養と管理してくれる、室内のロッカー型などの納骨があり、個人や合同といった形も選べます。

【納骨堂】

お寺などの室内にあるお墓で、天候にも左右されることなくいつでもお参りする事ができます。

お堂はロッカーサイズからと小さめではありますが、費用も抑えることもできて人気があります。

【手元供養】

遺骨の一部などを小さな容器やジュエリーに納めて身近な所に置きます。最近注目を集めている供養の形です。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 誰も亡くなっていない内に仏壇を購入してもいい?
  2. 服装はどのようにしたらよいですか?
  3. 妻と自分の宗派が違う場合は仏壇をひとまとめにできますか?
  4. お墓はいつまでに建てて準備をすればいいですか?
  5. お墓参りはいつするの?
  6. 仏壇は宗派によって違いますか?
  7. 秘密は守ることはできますか?
  8. 用意するものはありますか?
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP