四十九日とはどんな意味があるの?

仏教の「四有」という考え方では、人間が生まれることを「生有」、この世に生きている間を「本有」といい、亡くなることを「死有」といいます。また、亡くなってから次の生(あの世での生)に向かうまでの間を「中有(中陰)」といい、この「中有(中陰)」に当たるのが、逝去から満中陰(四十九日)までの四十九日間です。

関連記事

  1. 四十九日の引き物は何がいい?
  2. 四十九日と年忌法要は一緒にできますか?
  3. 四十九日法要には何をするの?
  4. 本位牌を「和みの僧侶」でも注文できますか?
  5. 四十九日はいつから数えるの?
  6. 四十九日法要には誰を招きますか?
  7. 四十九日法要はいつやるのが良い?
  8. お斎(おとき)会食
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP