四十九日法要には何をするの?

四十九日法要は、故人が極楽浄土に生まれ変わる日であると同時に、残された遺族が故人の死と向き合いながら喪に服す時間を終える日でもあります。

親類縁者を招いて僧侶さまに読経していただき、そのままお墓に納骨する場合は、そのあと墓に移動し納骨します。その後、お清めの会席で故人をしのびます。親類が集まるのはこういう機会しかないので、有意義な時間を過ごせるとよいでしょう。

四十九日法要にあわせて白木の位牌から本位牌に変えたり・仏壇・墓地の開眼供養と納骨を行う場合もある重要な法要となってきます。

関連記事

  1. お墓はいつまでに必要ですか?四十九日法要で必ず納骨しなくてはいけ…
  2. 四十九日の引き物は何がいい?
  3. 四十九日法要には誰を招きますか?
  4. 本位牌を「和みの僧侶」でも注文できますか?
  5. 四十九日と年忌法要は一緒にできますか?
  6. 四十九日法要にかかる費用は?
  7. 四十九日とはどんな意味があるの?
  8. 四十九日はいつから数えるの?
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP