夏目漱石

戒名バナー①

夏目 漱石

戒名

文献院古道漱石居士

ぶんけんいんこどうそうせきこじ

夏目漱石

職業

日本の小説家、評論家、英文学者

死没

1916年12月9日没、満49歳

墓所

東京都豊島区・雑司ヶ谷霊園

概要

献の字は、賢の意であるといわれています。道号の古道も、文字通り雄勁な優雅な言葉です。筆名の漱石は、そのままの戒名となっています。

夏目漱石といえば、『吾輩は猫である』、『坊っちゃん』、『こころ』、いずれも八十年前に書かれた作品だが、いまだに人気は衰えず、そして誰にでも愛読されている本である。
漱石は、夏目家の四男として生まれたが、三歳の時に塩原家に養子にやられた。その後、養父母の不和が原因で、十歳の頃実家に帰った。中学は府立一中、そして東京大学英文科と秀才の道をたどった。 学校を出た年に、眼科に行った折に美しい女性に恋するが、結婚話がもつれ、東京が嫌になり松山へ行き中学教師となった。

その後、熊本の第五高等学校教授、ロンドン留学、第一高等学校教授、東京大学講師、と気分次第で住居を変える生涯だった。作家活動、持病の胃病、頭の病と闘いながら、漱石は五十歳という若い年でこの世を去る事となる。

free-tel

関連記事

  1. 近藤 勇
  2. 三島 由紀夫
  3. 福沢 諭吉
  4. 足利 尊氏
  5. 徳川 家康
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP