福沢 諭吉

戒名バナー①

福沢 諭吉

戒名

大観院独立自尊居士

だいかんいんどくりつじそんこじ

福沢諭吉

職業

明治時代の民間啓蒙思想家

死没

1901年2月3日(満66歳没)

墓所

東京都港区・善福寺

概要

諭吉翁は、中津藩大坂屋敷で理財担当をしていた父百助の末っ子として生まれた。 学問好きだった父は、生後一年半のときに他界している。明るく、よく喋り、こまめで、身近な仕事は一切引き受け、 器用だった少年期をすぎると、長崎でオランダ語を一年で習得、後に有名な緒方塾に学び、 塾頭になった。その後、咸臨丸のメンバーとしてアメリカ、ヨーロッパと見聞をひろげ、 名著『西洋事情』『学問のすすめ』『文明論之概略』などが生まれ、明治初期のインテリ達が読んだものだった。

free-tel

関連記事

  1. 徳川 家康
  2. 近藤 勇
  3. 足利 尊氏
  4. 三島 由紀夫
  5. 夏目漱石
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP