お通夜のマナー

「通夜」とは、その文字通り、夜通しご遺体と共に過ごすことを言いますが、現在では、夜通しお柩を守るのは、近親者に限られます。

通夜は正式な儀式ではなく、身近な親しい人の集まりなので、厳密なしきたりと言ったものはありませんが、席順は血縁の近い人から、祭壇のそばに着くのが一般的です。

通夜振る舞い(お清め)などを、喪主から勧められた場合には、一口でも箸をつけるのが礼儀ですが、喪主の家族は看病疲れや、葬儀の準備などで忙しいはずですから、なるべく早めに切り上げる様にしましょう。

関連記事

  1. 合掌のマナー
  2. 焼香のマナー 【お焼香のマナー】
  3. お斎(おとき)会食
  4. 服装のマナー
  5. 遺族から故人との対面を勧められた際、気をつけることはありますか?…
  6. お悔やみの言葉
  7. 焼香のマナー 【お焼香の意味】
  8. 数珠について 【数珠の持ち方】
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP