愚痴

「愚痴」とは、「痴(ち)」とも「無明(むみょう)」とも呼ばれ、 意味はおろかな、ものの道理のわからないことです。

まことの道理に対して暗いことで、 妄想、錯覚、迷いといってもいいでしょう。 「愚痴をこぼす」と同じ意味ではありません。

そして、「貪欲(とんよく・欲望)」・「瞋恚(しんに・怒り)」とセットになって、 「三毒」の一つに数えられます。

この三つがセットになるには理由があります。 自分の都合によいものを貪り(むさぼり・貪欲)、 自分の都合の悪いものには怒って排除しようとする(瞋恚)、 その貪りと怒りの中心となるのが、自己中心的な愚痴なのです。

この愚かな道理に暗い「愚痴」があるために、 「俺が、俺が」と自分を中心に貪ったり怒ったり、 善いおこないを害し、身心を傷つけてしまいます。 だからこそ「三毒」と呼ばれるのです。

関連記事

  1. 大袈裟
  2. 知恵
  3. 四苦八苦
  4. 天台宗
  5. 曹洞宗
  6. 精進~しょうじん~
  7. 数珠
  8. 彼岸
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP