戒名の構成・付け方は?

元々の戒名というのは2文字で、生前の名前である俗名から一文字、お経から文字を取ってつけるというのが一般的でした。しかし、現代においては戒名の前後に院号や道号、位号などが付帯し、それら全体を戒名と呼んでいます。

「○○院××△△居士」という戒名の例を見てみましょう。まず「○○院」が「院号(印伝号)」であり、その次にある「××」が道号、さらにその後の「△△」が戒名(法名・法号)、最後の「居士(大姉・信士・信女など)」が「位号」と呼ばれるものです。

通常、戒名といえばこの全体を意味しますが、元々の戒名は位号の前にある漢字2文字のみであり、その他は社会的な地位や財力を表す修飾文字になります。つまり、文化的な都合で付加されるようになったものなのです。

関連記事

  1. 戒名の構成・付け方は? 【道号】
  2. 戒名は誰がつけますか?
  3. ペットに戒名はありますか?
  4. 戒名はいつ・どこで必要ですか?
  5. なぜ死者に戒名をつけるのか?
  6. 位号にも位はありますか?
  7. 戒名とは何ですか?
  8. 戒名と法名は違いますか?
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP