服装のマナー

取り急ぎの弔問に駆けつける場合は、平服のままでも問題ないようです。

先方も用意が整っていない場合が多く、礼装で訪れたのでは、不幸を予期していたようで、かえって失礼に当たります。

とはいえ、なるべく地味な服装が望ましいでしょう。

男性の場合は、ネクタイと靴下を黒に換えても良いでしょう。

お通夜や、葬儀・告別式に参列の際、一般の会葬者の服装は通常、礼服です。

しかし、特に親しい間柄でない場合には、黒めの平服でもかまいません。

男性はダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴。

女性は、黒もしくは地味な色のスーツ、もしくはワンピース、それに黒の靴が望ましいでしょう。

男女、和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けます。

関連記事

  1. 数珠を忘れてしまったらその場で借りてもいいですか?
  2. 数珠について 【数珠の起源】
  3. 焼香のマナー 【宗派別のお焼香の作法】
  4. 数珠について 【数珠の持ち方】
  5. 香典のマナー 【香典の供え方】
  6. 香典のマナー 【香典の表書き】
  7. お通夜のマナー
  8. お斎(おとき)会食
和みのお葬式 和み葬
まずは無料相談 24時間365日受付中 0120-924-866
お客様の声-1
位牌
年回表1
提携葬儀社
提携僧侶
お問い合わせ1
PAGE TOP